【Paul Stuart CHRISTMAS SPECIAL】 GIFT FOR YOU & FOR ME 2023――ファッション界で知らぬ者なし! 文筆家&DJの青野賢一がポール・スチュアートのギフトアイテム×レコードをマッチング!


 

 

クリスマスを間近に控えたフェスティブシーズン、意中の人へのとっておきのギフトは決まりましたか? ポール・スチュアート青山本店は先月3周年を迎えて、“JAZZ”をテーマとした3周年スペシャルイベントを実施し、多くのお客様にお楽しみいただきました。 NY生まれのポール・スチュアートは、JAZZをはじめ音楽との親和性が高く、2023年のクリスマスギフトを、音楽と共にご紹介。レコードをセレクトしたのは、文筆家でDJの青野賢一さんです。 「自分が所有しているレコードの中から、“クリスマス/ホリデーシーズン”に合うものをざっくり選んで、それをアイテムのイメージに合わせて取捨選択しました」という青野さんのセンスをお楽しみください!

 

Photo. Shimpei Suzuki / Text. Makoto Kajii
Edit. FUTURE INN

 

 

柔らかな印象のマフラーから、穏やかなアンビエント系のアルバムをチョイス

 

青野賢一さんがセレクトしたのは、Picture Music『Picture Music』。
「オーストラリア・南ブリスベンの4人組ミュージック・コレクティブがカセットテープで発表した1987年のセルフ・タイトル・アルバムです。 室内楽、アンビエント、アンビエントジャズのエッセンスが柔らかに溶けあった心地良いサウンドが身体を包んでくれます。2021年、オリジナル・マスターテープからレコード化されました」

 

 

 

 

 

染料を使用せず、ナチュラルで上質なカシミヤ本来の色味を生かした無染色マフラー。メンズ・ウィメンズ共通のマフラーで、どんなアイテムにも合わせやすく、冬のギフトにおすすめです。

 

Picture Music『Picture Music』

 

上質でトラディショナルなものに少し現代的なエッセンスをプラス

 

「メンズニットには、ビング・クロスビーが亡くなる直前に収録が行われた特別番組『Bing Crosby’s Merrie Olde Christmas』(1977)内で、デヴィッド・ボウイを招いてデュエットした曲をマッチング。

1941年のクリスマスソング「Little Drummer Boy」に「Peace On Earth」をカウンター・パートとしてマッシュアップし、クラシカルなクリスマス曲がアップデートされました。
ビング・クロスビーはたくさんのクリスマスソングを遺していますが、この曲は当時まだ若かったデヴィッド・ボウイが加わっているので、フレッシュな印象です。 なんとなく、ビング・クロスビーが着ていても違和感のないニットですよね」と、Bing Crosby, David Bowie『Peace On Earth / Little Drummer Boy』(12インチ・シングル)を推奨。

 

 

 

 

手前のケーブルニットは、2023年秋冬のテーマ「So British」に合わせて、牧歌的な印象のケーブル編みを採用。クルーネック×セットインスリーブのベーシックなデザインで、一枚で着て様になるのはもちろん、ジャケット・コートのインナーとしても活躍します。

 

Bing Crosby, David Bowie『Peace On Earth / Little Drummer Boy』

 

モノトーンで肌触りの良さや柔らかさが伝わるマフラーに、シネマティックなムードを

 

青野さんがセレクトしたのは、韓国とフランスを中心に活動する音楽家、映画監督、写真家のオアン・キムのファースト・ソロ・アルバム『Oan Kim & the Dirty Jazz』。
「結構実験的なことをやっているジャズ~コンテンポラリー作品のアルバムと、メンズマフラーをシックなモノトーンのイメージでまとめています。 映画監督でもある氏らしいシネマティックなムードでモノクロームな印象の作品ですが、温もりがしっかりと感じられるところが素晴らしい」

 

 

 

 

カシミヤをミックスしたことで、柔らかさと暖かさを与えてくれるウールカシミヤ素材のマフラー。グラデーションがかかったグレンチェック柄が程よく主張してくれます。

 

Oan Kim『Oan Kim & the Dirty Jazz』

 

言わずと知れた『男と女』が、ウイメンズニットとピタッとハマりました!

 

「ウイメンズニットを見て触れたときに、映画『男と女』の中でアヌーク・エーメがムートンコートにシンプルなニット(タートルが多いのですが)を着ていたのが頭に浮かびました。相手役のジャン=ルイ・トランティニャンのスタイリングもいいんですよね。
このレコードは、フランシス・レイによるテーマ曲やピエール・バルーが作中で歌う「サンバ・サラヴァ」が有名なクロード・ルルーシュの1966年作品『男と女』のサントラ。 大人の男女の抑制の効いた恋愛劇であるこの映画のなかのアヌーク・エーメは、上質そうなアイテムをさりげなく自然体で着こなしていて素敵。そんな作中のスタイリングを、ニットアイテムの雰囲気と重ねてみました」

 

 

 

 

 

グリーンとサーモンピンクのきれいな色が着こなしを彩るVネックプルオーバー。カシミヤの素材の持つ滑り感や光沢感を最大限に引き出していて、暖かさに加えて、軽さも抜群です。

 

 

ラメ糸が華やかな表情で、ジャケット感覚でコーディネートできるニットカーディガン。コンパクトなボックスシルエットでスカートやワンピースに合わせやすく、程よいきちんと感を演出してくれます。

 

Francis Lai『O. S. T. “Un Homme et Une Femme”』

 

柄のウイメンズストールにインスピレーションを得て、少し郊外感のあるフォーキーなタッチの作品をチョイス

 

青野さんがセレクトしたのは、Maxine Funke『River Said。
「ニュージーランドのシンガーソングライター、マキシン・フンケの2023年の作品です。カシミヤ×シルクのウイメンズストールなので、柔らかい質感を捉えて選びました。
フォーキーなムードのA面、室内楽的アプローチのB面と、穏やかかつ温かみのある展開が素晴らしく、柔らかなストールに包まれるような心地良さを感じられるはず。 春のイメージの楽曲もあり、寒い冬の先の季節を思いながら聴くのにも最適です」

 

 

 

 

 

非常に薄くて色彩豊かにチェック柄を織り上げたカシミヤストール。軽く上質なカシミヤなので、冬のコートスタイルの首元に巻いてもかさ張らず、携帯にもおすすめです。

 

Maxine Funke『River Said』

 

冬のギフトの定番、メンズ+ウイメンズグローブに、ずばりクリスマスアルバムを合わせました!

 

「グローブのシックで落ち着いた印象を伝えたかったので、クリスマスソングをマイナー調で演っているChilly Gonzales『A very chilly christmas』をセレクト。
鬼才、チリー・ゴンザレスのクリスマス曲集で、氏の代表作『solo piano』シリーズのようにピアノ・ソロ中心のアルバムですが(一部ストリングスも)、ジャーヴィス・コッカーとファイストが3曲ボーカルで参加しています(「Snow Is Falling In Manhattan」は白眉)。
クリスマス定番曲からワム!やマライア・キャリーの曲まで網羅していて、ユニークなのは、調が短調(マイナー)に置き換えられているところ。落ち着いたムードが大人のホリデーシーズンにしっくりフィットするはずです」

 

 

 

 

 

右のグローブは、ウィメンズ用のラムレザーグローブ。内革はスマホ対応で着用したままスマホタッチが可能。シンプルなステッチデザインなので、ウィンターシーズンのギフトにもおすすめです。
※右端のブルーのグローブのみタッチパネル対応ではありません。

 

Chilly Gonzales『A very chilly christmas』

 

 

 

Profile
青野賢一(あおの・けんいち)


1968年東京生まれ。株式会社ビームスにてプレス、クリエイティブディレクターや音楽部門〈BEAMS RECORDS〉のディレクターなどを務め、2021年10月に退社、独立。現在は映画、音楽、ファッション、文学などを横断的に論ずる文筆家としてさまざまな媒体に寄稿している。2022年7月に書籍『音楽とファッション 6つの現代的視点』(リットーミュージック)を上梓。また、DJ、選曲家としても35年を超えるキャリアを持つ。

 

「HAPPY HOLIDAYS CAMPAIGN」開催中!

12月25日(月)まで、全国の百貨店店舗、直営店店舗にてギフトラッピングをご希望のお客様にスペシャルパッケージでのラッピングを無料にて承ります。
ぜひこの機会にご利用ください。
詳細は こちら

ポール・スチュアート青山本店「VIOLIN RECITAL」開催中

毎週日曜日にポール・スチュアート青山本店でヴァイオリン リサイタルを開催しています。プロのヴァイオリニストをお招きして、14:00~14:30と15:00~15:30の2回の演奏を行います。
12月24日(日)はヴァイオリニストの溝邉 奈菜 (みぞべ なな)さん、12月31日(日)はヴァイオリニストの橋本 彩子(はしもと あやこ)さんが登場します。
開催中は、ドリンクの無料サービスもございますので、ぜひご来店ください。
詳細は こちら

ポール・スチュアート 青山本店
TEL 03-6384-5763
東京都港区北青山二丁目14-4 ジ アーガイル アオヤマ 1F
営業時間 11:00~20:00
併設するバー「THE COPPER ROOM(ザ コッパー ルーム)」
18:00~24:00 ※同一テーブルでの会食は4人以内
※酒類の提供を再開しております
これまで同様、感染防止対策を徹底し営業いたします。
ご不明な点がございましたら、ショップまでお問合せください。