衣料品廃棄の実情

ECOALF

  • 2023.7.12

ご自宅のクローゼットをご覧ください。普段使用しているお洋服から、もう何年も着ていないものまで様々な種類があることだと思います。今回は衣類の廃棄問題についてお伝えしたいと思います。

衣料品廃棄の実情

衣類がつくられるのと同じくらいの早さで、それらはゴミとして捨てられています。

今日から取り組める解決方法

このように衣類生産には多くのムダがあり、地球の大切な資源を必要以上に搾取しているのが実情です。
ひとりひとりが、お洋服を大切に長く愛用していただくことがなによりも大切です。
そこでECOALFが考える今日から取り組める解決方法をお伝えします。

01 クローゼットを見直す
普段着用しているものと何年も使用していないものを仕分けて、整理整頓してみましょう。

02 着用しなくなった衣類を、交換、寄付、リサイクルする
友人や家族と服を交換したり、リサイクルできる慈善団体を探してみましょう。

03 服を修理する
修理と聞くと難しい印象を受けるかもしれませんが、簡単になおせることもあるので是非実践してみましょう。

04 学ぶ
お洋服のラベルを見てみてください。そこには原産国だけではなく、お手入れや洗濯の方法など、お洋服を長持ちさせるアドバイスが書いてあります。

05 量より質を選ぶ
必要以上にお洋服を購入するのを控え、購入する際も責任を持った買い方を心がけましょう。生産背景やプロセスがわかりやすいものや、リサイクルファブリックでつくられた商品を購入するようにしましょう。

ECOALFの取り組み
◯すぐに飽きられてしまうものは作らない。1シーズンでゴミになるものはつくらない
そのためECOALFは、シンプルで飽きのこないデザインを採⽤するようにしています。

◯ECOALFでは地球での環境負荷を無視した資源の活用はしていません。そして通常のアパレル商品と同等の品質・デザイン性を持った商品をリサイクル素材からつくることをコンセプトとしています。

◯ ECOALは単なるファッションブランドではありません。
思想が事業に直結して、事業の成⻑が地球環境と生活者の両⽅の利益になるよう努めています。
商品をつくる= 地球からゴミが減る  商品が売れる= もっと地球をきれいにできる ビジネスモデルです。

Waste is only waste if you waste it!
ゴミは無駄にするから「ムダ」になる
#BecauseThereisnoPlanetB